不動産について

 

あなたは、今までに不動産について、調べた事はありますか?

 

不動産というと、大きく分けて土地と、そこにある定着物、つまり建物などを指しています。
ちなみに、不動産以外のものを動産と言うのですよ。
日本の民法において、この不動産についていろいろと定められているのです。

 

日本では、一般的に土地と建物を別の不動産として取り扱っているのです。
例えば、日本では土地を売買契約により、買い取っても、その場合、土地だけの所有権を得ただけで、その上に建っている建物については、所有権を持っていないことになるのです。
当然、土地に抵当権をつけても、建物に対しては、つけることができないのです。
不動産を取得したら、登記簿に登記を行わなければ正式な所有権を保有できないです。

 

これらの土地や建物などの不動産に関して、売買や賃貸、交換や管理などを行っている事業者を「不動産会社」と言うのです。
不動産会社は、保有している土地や建物などの不動産に関しての情報を広く一般に公開することによって、不動産の仲介業務を行います。
その際に、不動産情報を広く消費者に知らせるための手段は、不動産雑誌やインターネットによる情報ツールの公開、新聞広告などいろいろな宣伝活動を行います。
昔は、不動産会社の店頭あるいは雑誌などでよく情報を得ることがみられたので、実際に不動産会社を訪問したときには、もうその物件は売れていたなどという時間差が、生じていたのです。
しかし、インターネットの普及で最新の情報を正確に早く知ることができるようになり、こんな問題も、かなり解消されてきました。